のぶしげクンはフィクションで有名?

うじざねクン ところで、のぶしげクンには有名な家来がいるよね。

のぶしげクン 真田十勇士!

うじざねクン 10人しか家来がいなかったわけじゃないよね。

のぶしげクン 特に優秀だったリーダー格を10人選んでるの!

うじざねクン それはそうだね。実在説も結構あるようだけど、なんといっても立川文庫だよね。講談や文庫の分は基本的にはフィクションだからね。

のぶしげクン まあ、オイラの名前自体もフィクションだもんね

うじざねクン そうだね。多くの人が「ゆきむらさま」でイメージしているわけで。
どうして「さま」かというと、大坂の陣での軍神の如き活躍から来ているよね。
そこで、「偉い人」のイメージがついちゃった。

のぶしげクン 活躍が半端じゃなかったからね。真田丸なんて最後まで落とされなかったわけだし。自分で考えた戦略が半分も採用されていないにもかかわらず・・・だもんね。
全部採用されていたら違う世の中になっていたよ、きっと。

うじざねクン そうだね。でも、戦とは違う次元のところで決着がついたのが大坂の陣なので、政治力がなかったといえばそれまでだね。

のぶしげクン 痛いところを・・・その通りだから、余計に痛い。いずれにしろ、生前は「ゆきむら」って呼ばれたことないし、ときどき、それって誰だろう?思っちゃうよね。 


のぶしげクンのお供たち

うじざねクン のぶしげクンとこの人たちって、家来というよりはお供かな

のぶしげクン お供って言うと桃太郎みたいだけど、うーん、サルもいるしね

うじざねクン 三蔵法師もそうだよね、サルもいるしね

のぶしげクン でも、お供たちというよりはお友達みたいなものかな

うじざねクン 特殊技能持っている人も多いし、独立心の強い人もいるし 

三好兄弟は名門

のぶしげクン 佐助と才蔵に関しては他のところで話をしたので、次は三好兄弟かな

うじざねクン 三好清海入道と三好伊佐入道ね。一応モデルは名門三好家の政康・政勝兄弟ですね

のぶしげクン そうそう、うちの家来というふたりは、僧形のでかい二人だよね。

うじざねクン モデルになったのは、名門のお二人ですよね。私がお二人と言っているということは、二人とも私より年上!

のぶしげクン ということは、相当年寄りだ。

うじざねクン これこれ、失礼なことを言うでない。実際に長生きの二人なのだが。

のぶしげクン いろいろ説はあるみたいだけどね。

うじざねクン 三好家はある意味下克上の象徴的存在だよね。足利将軍家の家来だったので、権力の中枢にいたと言える。将軍になりかわって権力を握っていた。

のぶしげクン でも、自分たちも家来にやられるんだよね。それが、松永久秀さん。魅力的なおっさんだよね。

うじざねクン 主家を乗っ取り、将軍をないがしろにし、大仏焼いて、とノブちゃんに紹介されたのは有名。でも、ノブちゃんもほとんど同じことをやっている。困ったもんだ。


※三好政康(1528−1615:名、生没年は諸説あり)
 三好政勝(1536−1631:名、生没年は諸説あり)
 松永久秀さん:松永久秀(1510−1577)

実在説も多い

のぶしげクン うちのメンバーの話に戻ると、この二人に限らず十勇士は実在説が多いんだよね。

うじざねクン まさか、佐助や才蔵も実在とか言わんだろうね。

のぶしげクン さすがにその二人は違う。モデルはいたみたいだけど。

他の6人も活躍はフィクションだけどモデルになった人物が結構それらしく残っているそうで。

筧十蔵は筧十兵衛という火縄銃の名手がいたらしい

海野六郎は海野六郎兵衛利一という人が、実際にいたらしい

望月六郎は望月卯左衛門幸忠で、実在したらしい

根津甚八は禰津小六貞盛が有力なモデルみたい

由利鎌之助といえば鎖鎌だけど、由利鎌之助基幸という人がいたらしい

穴山小助が武田家の穴山氏の流れとも言われて、一番もっともらしい人だけど、この6人では一番実在が疑わしいという説もある

いずれも、真田ゆかりではあるので、当然といえば当然かな。



誰にでも天敵はいるもので